造園技能士という国家資格詳細

造園技能士という国家資格詳細

造園技能士とは、住宅の庭園や公園、公共施設など造園に関する知識と技能を持つスペシャリストを認定する国家資格です。

現在全国でおよそ12万人が造園技能士として活躍しています。試験詳細としては、まず級位は1級、2級、3級があります。

それぞれ受験資格には実務経験が必要で、1級は7年以上、2級は2年以上、3級は半年未満で受験出来ます。

試験内容は庭園や公園、施工法、材料、設計図書、測量、関係法規、安全衛生など7つの科目を問われる学科試験と、敷石敷設や植栽などを行う実技試験です。

合格率は1級で25%、2級で40%程度で、そこまで難関の国家試験ではありません。各都道府県の造園業協会では事前講習を行なっており、試験前に受けておくといいでしょう。

造園技能士の受験資格

造園技能士の受験資格

造園技能士とは、家庭だけでなく、オフィスや公園、街路樹、オフィスといった緑のオアシスを作り出す庭師のスペシャリストと認められる厚生労働省認定の試験で、現在全国に12万人ほどいます。

概要は3級から1級まで分かれており、造園の全般知識を問う学科試験と、実技試験があります。3級のみ実技試験がありません。

受験資格は3級のみ不問ですが、2級は実務経験が2年以上あるか、もしくは3級に合格していること、1級は実務経験が7年以上あるか、または2級に合格をして2年以上の実務経験。

もしくは、3級に合格をして4年以上の実務経験が必要となります。試験は毎年2回行われ、1回目がおおよそ6月ごろ、2回目は12月ごろに実施されます。

造園技能士の試験日程

造園技能士の試験日程

造園技能士は、中央職業能力開発協会が主催している資格試験で、この資格は国家資格です。3級、2級、1級があり、これは初級、中級、上級に対応しています。

3級こそ合格率が7割ほどと高いですが、1級になると合格率は11割程度と低く、難しい試験であるといえます。

また、受験資格も一定年数の実務経験をそれぞれ必要としていることを考えると、その難しさがうかがえる試験です。

受験料は、学科試験受検手数料が3,100円で、実技試験受検手数料が17,900円となっています。ただし、自治体によって異なる場合がありますから、きちんと確認しておく必要があります。

試験日程は一日のみとなっていて、一日ですべてを終わらせることになります。