写真技能士3級という国家資格詳細

写真技能士3級という国家資格詳細

デジタルカメラの普及で素人でも上手く撮影できる時代になりましたが、写真技能士は、厚生労働省が認定するフィルム写真に関する技能で1級から3級まである国家資格です。

写真技能士3級の受験は資格、経験不問です。試験内容は、学科試験が6科目です。詳細は、写真一般、写真機材、撮影法、肖像写真制作法、関係法規、安全衛生です。

実技試験は、実際に肖像写真を撮影し、現像引き伸ばしをする作業があります。試験は、春と秋の年2回あります。願書受付期間は、4月上旬~中旬・10月上旬~中旬です。

試験日程は、実技試験が6月上旬~9月中旬・12月上旬~2月下旬です。学科試験は、7月下旬~9月上旬・1月下旬~2月上旬です。

受験料は、学科試験が3100円、実技試験が16500円ですが、受験される都道府県によって異なる場合があります。

合格発表日は、10月上旬と3月中旬です。詳細は、中央職業能力開発協会までお問い合わせください。

写真技能士3級の受験資格

写真技能士3級の受験資格

写真技能士3級を受験するために特別な資格は必要ありません。受験資格には実務経験があることとされています。

実際にフィルム写真の撮影から現像まで一通りの作業を行ったことがあれば受験することができます。試験の概要は筆記試験と実技試験が行われます。

3級は一番下の級ですから基礎的な知識と技術が試されます。写真技能士は国家資格ですので、キャリアアップとして使用することができます。

現代社会ではデジタルカメラが広く流行していますが、フィルムカメラも根強い人気を誇っています。

特に結婚式の前撮りや七五三など行事に関わる写真はフィルムカメラの方が好んで使われます。そうした技術を持っておくと自分でも写真屋さんのような写真を撮ることができます。

写真技能士3級の試験日程

写真技能士3級の試験日程

写真を撮影する技能を公的に認める資格があります。写真技能士と言います。1級から3級まであり、それぞれの等級によって写真撮影の技能を有することが認定されます。

写真技能士3級では受験資格に制限はありません。試験は筆記と実技に分かれており、受験料は筆記が3100円、実技が16500円となっています。

試験日程は1日で行われ、3級の場合は筆記1時間、実技2時間55分です。写真技能士は国家資格なので、キャリアアップを目指せる資格となります。

撮影だけでなく、現像や引き伸ばしといった作業の技術も試されるので、難易度は相応に高いです。

現代ではデジタルカメラが普及していますが、フィルムカメラの独特な味わいには根強い人気があり、その価値は失われていません。